京エコロジーセンターとは

エコセンとは

環境にやさしい活動の輪を広げる拠点施設です

エコセンとは:環境にやさしい活動の輪を広げる拠点施設です いにしえより自然環境と共生し、伝統文化を育んできた京都。夏暑く冬寒い厳しい気候であるにもかかわらず、千年の都が栄えたのは、人々の生活の中にその厳しい自然と共生する知恵が息づいていたからといえるでしょう。
 そんな京都で、平成9(1997)年12月に、「地球温暖化防止京都会議(COP3)」が開催されました。この会議で採択された二酸化炭素の削減目標である「京都議定書」の実行がいよいよ求められています。
 世界歴史文化都市としてのみならず、COP3開催都市としても国際的にその名が知られるようになり、これを記念して「京(みやこ)エコロジーセンター」は開設されました。環境学習と環境保全活動の拠点としてご活用ください。

京エコロジーセンターの特徴

見て、触れて、感じる 体験型展示
1階、2階の展示コーナーは、地球規模での環境問題から、京都ならではのエコロジーの知恵まで、体験型で学べる展示です。
建物全体がエコ展示
建物には、太陽光発電、雨水利用、地熱利用、高断熱外壁をはじめ、省エネルギー・省資源型の設備を導入し、さらに、自然素材を生かした材料やリサイクル建材も活用しています。
みんなにやさしい施設
「音声誘導付展示案内板」「点字のトイレ案内板」「各階に車いす用トイレ」「エレベーター」など、施設にはみんなに使いやすい設備を取り入れました。
パートナーシップによる学習と活動
施設の計画段階から、多くの市民グループが関わり、事業の提案や評価にも参画しています。市民グループや企業の環境にやさしい取組の展示などに活用できるスペースも設けています。

京エコロジーセンターの歩み(概要)

平成
西暦
事項
6
1994
京都市一般廃棄物処理基本構想策定 → ごみ問題の学習拠点施設の必要性を位置づけ
7
1995
国連気候変動枠組条約第1回締約国会議(COP1 ベルリン)
8
1996
新京都市環境管理計画策定 → COP記念センター構想
9
1997
国連気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3 161カ国参加) → 京都議定書を採択
10
1998
環境学習・エコロジーセンター(仮称)基本構想策定懇話会を設置
11
1999
環境学習・エコロジーセンター基本計画を策定
12
2000
建設工事着工
環境学習・エコロジーセンター(仮称)事業検討委員会・企画委員会を設置
→市民・各種団体・NPO・事業者・教育関係者・行政で構成 (現在:事業運営委員会)
13
2001
環境ボランティア養成を開始(9月)
14
2002
京エコロジーセンター開館(4月21日)
17
2005
京都議定書発効(2月16日)   京都市地球温暖化対策条例施行(4月1日)
京エコロジーセンター中長期計画を策定
18
2006
指定管理者による運営・管理(第1期) [指定管理者:財団法人京都市環境事業協会]
21
2009
指定管理者による運営・管理(第2期) [指定管理者:財団法人京都市環境事業協会]
23
2011
第2期中長期計画策定(3月) → 2015年度事業プロジェクト到達点を明記
改正京都市地球温暖化対策条例施行(4月1日) → 温室効果ガス総排出量の削減目標を数値化
2020年 25%削減、2030年40%削減(1990年比)
24
2012
開館10周年(4月21日)
25
2013
指定管理者による運営・管理(第3期) [指定管理者:財団法人京都市環境事業協会]
26
2014
指定管理者が公益財団法人に移行(公益財団法人 京都市環境保全活動推進協会)
京エコロジーセンターとは

環境イベントに参加しよう。

エコセンに行く
見学に行こう 利用しよう
地域でエコセンを活用する
活用方法を見よう。
エコセンで環境活動をする
実際にやってみよう。

アクセスMAP

京都市伏見区深草池ノ内町13
青少年科学センターすぐ隣!!

開館時間:
9時~21時
(1・2F展示は17時まで)
休館日:
木曜日(祝日の場合は翌金曜日)、年末年始
入館無料

ページトップへ