沿革

環境にやさしい活動の輪を広げる拠点施設です。

京エコロジーセンター(略称:エコセン)は、「地球温暖化防止京都会議(COP3)」を記念して、2002年に開設された環境学習や環境保全活動の輪を広げるための拠点施設です。
エコセンでは、市民に温暖化防止やごみ減量などの環境学習の場とプログラムを提供するとともに、環境教育の実践やセミナー等を通して、地域で環境保全活動を行う人材の育成に力を入れています。

指定管理者として公益財団法人京都市環境保全活動推進協会が運営を行っております。(指定管理期間:2017〜2020年度)

京エコロジーセンターの歩み(沿革)

平成 西暦 事項
6 1994 京都市一般廃棄物処理基本構想策定
→ ごみ問題の学習拠点施設の必要性を位置づけ
7 1995 国連気候変動枠組条約第1回締約国会議(COP1 ベルリン)
8 1996 新京都市環境管理計画策定
→ COP記念センター構想
9 1997 国連気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3 161カ国参加)
→ 京都議定書を採択
10 1998 環境学習・エコロジーセンター(仮称)基本構想策定懇話会を設置
11 1999 環境学習・エコロジーセンター基本計画を策定
12 2000 建設工事着工
環境学習・エコロジーセンター(仮称)事業検討委員会・企画委員会を設置
→市民・各種団体・NPO・事業者・教育関係者・行政で構成
(現在:事業運営委員会)
13 2001 環境ボランティア養成を開始(9月)
14 2002 京エコロジーセンター開館(4月21日)
17 2005 京都議定書発効(2月16日)
京都市地球温暖化対策条例施行(4月1日)
京エコロジーセンター中長期計画を策定
18 2006 指定管理者による運営・管理(第1期)
[指定管理者:財団法人京都市環境事業協会]
21 2009 指定管理者による運営・管理(第2期)
[指定管理者:財団法人京都市環境事業協会]
23 2011 第2期中長期計画策定(3月)
→ 2015年度事業プロジェクト到達点を明記改正京都市地球温暖化対策条例施行(4月1日)
→ 温室効果ガス総排出量の削減目標を数値化
2020年 25%削減、2030年40%削減(1990年比)
24 2012 開館10周年(4月21日)
25 2013 指定管理者による運営・管理(第3期)
[指定管理者:財団法人京都市環境事業協会]
26 2014 指定管理者が公益財団法人に移行
(公益財団法人 京都市環境保全活動推進協会)
26 2014 京エコロジーセンターの開館以来の来館が100 万人を達成(7月18日)
27 2015 公益財団法人京都市環境保全活動推進協会2016~2025年度中長期事業計画策定

京エコロジーセンターの年間の来館者が初めて10 万人を達成(3月28日)

27 2015 国連気候変動枠組条約第21 回締約国会議にてパリ協定採択
28 2016 京エコロジーセンターの年間来館者数が2 年連続10 万人を達成(3月26日)

パリ協定発効(11月4日)

29 2017 指定管理者による運営・管理(第4期)
[指定管理者:公益財団法人京都市環境保全活動推進協会]
29 2017 国連気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3) 20周年