おすすめイベント情報配信 (メーリングリスト)

エコセンおすすめイベント情報の配信

京エコロジーセンターでは、楽しく学べる環境イベントをたくさん開催しています。
ご登録いただいたアドレスに、エコセンおすすめイベントの情報をお届けしますので、ぜひご登録ください!

登録・配信料は無料です。(但し配信の登録・削除、メール受信にかかる通信料・パケット通信費は登録した人の負担となります)
※すべてのイベント情報が配信されるものではありません。あらかじめご了承ください。

エコセンからのおすすめイベント情報の【配信】を希望される方

ご入力いただいたアドレス宛てに、確認メールが送られてきますので、メールの内容にしたがってメールを送信してください。



エコセンからのおすすめイベント情報の【配信停止】を希望される方

ご入力いただいたアドレス宛てに、確認メールが送られてきますので、メールの内容にしたがってメールを送信してください。


京都市環境保全活動センター
エコセンおすすめイベント情報(メールマガジン)利用規定

(趣旨)

第1条
この規定は、京都市環境保全活動センター(以下「センター」とする。)が実施する催しのお知らせ等に関するメールマガジンの配信サービス(以下「本サービス」という)の利用者とセンターとの間に適用される条件をついて、必要な事項を定めるものとする。

(登録の方法と規定の同意について)

第2条
本サービスの利用にあたっての登録手続は、センターホームページにあるメールマガジン登録フォームにより、利用者本人が行うものとする。センターで実施するアンケートにおいて、利用申し込みをされた場合は、センターにおいて登録手続を行う。

利用者がメールマガジン登録フォームにおいて必要項目を入力し、登録をした時点、又は、アンケートで申し込みをされた時点で、利用者は本規定の内容に同意したものとする。

(内容変更・登録解除方法)

第3条
本サービスの利用にあたって利用者が希望する場合次の各号の対応を行う。

(1)利用者は随時、本サービスの登録解除によるメールマガジンの配信停止ができるものとする。

(2)利用者が登録解除を希望する場合、メールマガジンにセンターが記載する方法により、利用者本人が手続きを行うものとする。

(料金)

第4条
本サービスの利用料金は無料とする。
(但し配信の登録・削除、メール受信にかかる通信料・パケット通信費は登録者の負担とする)

(禁止事項)

第5条
センターは、以下に該当する場合、利用者の利用登録を解除する。

(1)利用者が本規定に違反した場合

(2)利用者が第三者になりすまして利用登録を行った場合

(3)登録されたメールアドレスの誤り、利用停止等によりメールマガジンが不達となった場合

(4)その他、センターが不適当と判断する行為があった場合

前項に従い、メールマガジンの利用停止、その他の必要な措置をとることに伴う一切の損害について、センターはその責任を負わない。

(個人情報の取り扱い)

第6条
センターは、個人情報の取り扱いとして次の各号の対応を行う。

(1)利用者が登録したメールアドレスについて、個人情報保護方針に従い適切に取り扱うとともに、厳重に管理を行う。

(2)センターは、利用者が登録したメールアドレスを、メールマガジンの配信の目的でのみ使用する。

(3)根拠法の規定に基づく場合又は法執行機関より法的根拠に基づく情報開示請求があった場合を除き、本システムの運営管理の目的以外での利用及び提供は行わない。

(本サービスの一時停止、中断等)

第7条
センターは、次の各号のいずれかに該当する場合、利用者に事前に連絡することなく、本サービスの再開に必要な期間、本サービスの停止を行う。また、センターはこれ以外の事由により本サービスの提供の遅延または中断が発生したとしても、利用者または第三者が被った損害について一切の責任を負わない。

(1)通信回線、電源その他のセンターが本サービスに利用するシステムの保守、点検、修理、変更等を定期的にまたは緊急に行う場合、通信回線の事故、輻輳、混雑もしくは通信事業者の業務の中断、労働争議、戦争、暴動、火事、窃盗、自然災害、法令の制定もしくは改廃、公権力の行使に基づく処分、公権力による実力の行使その他やむを得ない事情がある場合。

(2)その他、運用上、技術上の理由により本サービスの一時的な停止を必要と判断した場合。

(本サービスの中止、終了等)

第8条
センターは、利用者に対する一定の予告期間をもって本サービスを中止または終了することができるものとする。

(通知)

第9条
センターから利用者に対する通知は、本規定に別段の定めのある場合を除き、メールマガジンやウェブサイト上で掲示またはその他センターが適当と認めるその他の方法により行われるものとする。

(本規定の改定)

第10条
センターは、本規定をいつでも変更できるものとし、変更があった場合にはセンターが合理的と考える方法により利用者に通知する。
本規定の変更を利用者が承諾しない場合には、利用者は本サービスの利用を終了することができる。本規定に変更がなされたことが通知された後に本サービスの利用を継続した場合は、本規定の変更を承諾したものとみなす。

 

附 則

この規定は、平成30年6月29日から施行する。