エコセンで環境活動をする

環境教育リーダースタートアップ講座 2016

2016年 5月開講 全6回連続

自然保全、ライフスタイル変革、地球温暖化防止、まちづくり等をテーマとした環境教育プログラムの企画運
営実践スキルなどの修得ができる講座です。これまで300人以上のリーダーを生み出した実績があります。

受講者募集!

本講座では、子ども(主に小学生まで)向け環境教育プログラム(アクティビティ)を企画、作成、実践までを一貫して学ぶことができます。環境教育の経験豊かな講師が提供する自然やまち、ライフスタイル等を題材としたプログラム(アクティビティ)を楽しみながら体験し、子ども向けプログラムの作り方、子どもへの効果的な伝え方を学びます。そのうえで最終日には、実際に仲間とともに子ども向けプログラムを作成し、実践します。

こんな人にオススメ!

  • ・環境教育に関心があり、活動を始めたいと思っている人
  • ・子ども向けの環境教育に興味・関心がある人
  • ・学校や児童館で環境教育を取り組んでいる人、これから取り組みたい人
  • ・小学校や幼稚園等へ出前講座を実践している方
  • ・地域などでいろいろな環境教育プログラムを始めたい人
定員
30名
募集期間
2016年 5月13日(金)まで(事前申込が必要です)
参加費
一般:6,000円 学生:3,000円( 全6回分)

申込方法

ちらしの申し込み用紙に必要事項をご記入のうえ、京エコロジーセンターまでFAXか郵送でお申し込みください。またはメールか京エコロジーセンターHPの申込フォームに必要事項をご入力のうえ、お申し込みください。
原則全回参加の講座ですが、ご事情がある場合、京エコロジーセンターまで、ご相談、お問い合わせください。

このイベントに申し込む

チラシのダウンロード

ダウンロード

主催

京エコロジーセンター

企画運営

NPO法人環境市民

後援

京都市教育委員会、公益社団法人京都市児童館学童連盟

日程と内容

※会場は第2回以外は京エコロジーセンターで行います。

第1回
5月15日(日)10:00~17:00
子どもの心をつかむ環境教育の「いろは」 
講師:西村仁志(環境共育事務所カラーズ代表)

環境教育リーダーにまず求められるのはプログラムを実践する力。「学びの場」を創りだすアイスブレイクの技法やプログラムづくりと実践のヒント・コツを体験を通して学びます。
第2回
5月29日(日)10:00~17:00
自然のなかで環境の豊かさを実感する・自らの意欲を高める 
講師:久山喜久雄氏(フィールドソサイエティー代表)
会場:京都御苑(予定)

注意!この回は会場が京エコロジーセンターではありません。
環境教育リーダーとして、自然への感受性を研ぎ澄ませ、関係を構築することは基本中の基本。京都御苑の豊かな自然の中で「センス・オブ・ワンダー」の楽しさ・大切さを実感してみましょう。
第3回
6月12日(日)10:00~17:00
子どもはまちづくりの主人公 身近なまちを歩いてみよう!
講師:下村委津子(環境市民理事、ecoパーソナリティ) 

私たちの住んでいるまちの中にもたくさんの環境教育の素材があります。
まち歩きを体験しながらプログラムづくりのヒントを見つけましょう。
第4回
6月26日(日)10:00~17:00
効果的な伝え方、コミュニケーションを身につける 
講師:澤田雄喜(京エコロジーセンター)、
   有川真理子(環境市民理事、チーフコーディネーター)

環境教育において「効果的に伝える」ということは最も重要なスキルです。そのための場づくりや話し方、伝え方の技術(How)を、なぜ環境教育が必要か(Why)、何を伝えるか(What)も踏まえて学びましょう。
第5回
7月10日(日)10:00~17:00
買い物を変える 生活が変わる 社会が変わる
講師:杦本育生(環境市民代表理事)

環境問題の主な原因には私たちのライフスタイルのあり方が大きく関わっています。
身近な「買い物」に焦点を当て、商品の選び方から環境を考えるプログラムを体験しましょう。
第6回
7月23日(土)10:00~18:30
7月24日(日)10:00~16:00 
講師:杦本育生(環境市民代表理事)、
   下村委津子(環境市民理事、エコパーソナリティ)

これまでに得た視点・知識・経験をもとに、自ら環境教育プログラムを企画し実演してみましょう。実演を通して環境教育リーダーとして現場で活躍するためのスタートラインに立ちましょう。
環境イベントに参加しよう
エコセンに行く
地域で環境活動をする
エコセンで環境活動をする

アクセスMAP

京都市伏見区深草池ノ内町13
青少年科学センターすぐ隣!!

開館時間:
9時~21時
(1・2F展示は17時まで)
休館日:
木曜日(祝日の場合は翌金曜日)、年末年始
入館無料

ページトップへ